男女

日本にいる人を刺すハチを知る|知識を持って退治しよう

危険な種類を覚えておく

ハチ

細腰亜目に属するハチの中でも、危険性や習性が違ってきます。人に害を与える種類を把握しておきましょう。人間の生活に最も関わっているハチをいえばミツバチです。ハチミツを作ってくれることでも知られています。養蜂農家の方々はミツバチの習性を利用して製品を作っているのです。もちろんミツバチも人を刺します。過去には養蜂農家の方が複数箇所を刺されて死亡したというケースもありました。ミツバチは小型のハチですが、高い毒性を持った毒針を持っているので何箇所も刺されてしまうと非常に危険です。普段は大人しい性格をしているのですが、巣に近づいたり危害を加えたりすると怒って攻撃してきます。見つけた際は刺激をせずにやり過ごしましょう。アシナガバチという種類のハチも危険です。細長い体をしていて、後ろ足が長いのが特徴のハチです。ミツバチよりも攻撃的な性格をしています。巣が大きくなることでも知られていて、民家の軒下や屋根の裏などに巣を作ります。巣に近づいてきたものに集団で襲いかかることがあるので、巣を見つけたらすぐに逃げましょう。巣を見つけたら自分で退治しようとはせずに、専門の器具を用いて退治してくれる専門業者に依頼をしましょう。刺されてしまうと死に至る危険性もあるので、迂闊に近づかないようにしましょう。退治をしようとして刺されて亡くなった方も多くいます。素人が近づくのは大変危険です。退治の知識を持った方に依頼をするのが賢いといえます。