男女

日本にいる人を刺すハチを知る|知識を持って退治しよう

スズメバチは最も危ないハチ

はちの巣

日本にいるハチの中で最も危険な種類といえるのがスズメバチの仲間です。代表てきなものはキイロスズメバチやオオスズメバチがいます。キイロスズメバチはスズメバチの仲間の中でも比較的小さな体をしています。飛んでいるときは体が赤っぽく見えることもあるので、一部の地方ではアカバチとも呼ばれているようです。キイロスズメバチは巣がとても大きく、ひとつの巣に生息している数が多いハチです。巣に近づくと巣の中から大量のハチが出てきて集団で襲ってきます。もちろん猛毒がある毒針を持っているので、襲われたらひとたまりもありません。攻撃的な習性があるので近づかないようにしましょう。日本にいるものの中で最も恐れられているものはオオスズメバチです。体長が他のハチよりも大きく、最も獰猛な性格だとされています。他のハチを捕食することもあり、攻撃的な綿では群を抜いています。地中に巣を作ることが多いので、ハイキングコースや遠足などをした際に被害に遭う方が多いようです。見つけにくい場所に巣を作るので、退治がしづらいことでも知られています。オオスズメバチは警戒音を出すことがあるので、警戒音を覚えておくことが大事です。退治を依頼する際に、オオスズメバチの退治を断る業者もあります。業者が断るほど危険なハチなので、素人はむやみに手を出さないようにしましょう。退治を断る業者は腕が良いとはいえない業者なので、オオスズメバチの退治をしてくれるという優良業者に退治を依頼することを知っておきましょう。